隣のお姉さんはソープ嬢

私が住んでいるアパートの隣の部屋のお姉さんはソープランドで働いています。私が以前利用したソープランドで指名した時にお互いに「あっ」と言ってしまいました。そのお姉さんは服装は地味なのですが、どこか生活に疲れている感が見えてそれが逆に色気を醸し出してくれるのです。 私はお姉さんを指名したときは丁寧に接客してくれて大変気持ちの良い一時を過ごさせて頂いたのです。私はお姉さんに気を使って部屋の前や近所のスーパーで会っても挨拶程度で済ませていようと思ったのですが、意外とお姉さんの方は積極的に話しかけてくれて「最近お店に来てくれないじゃない」と言われる時もあるのです。そんな時は私もお財布と相談して行ける時は行くようにしています。 つい最近もお姉さんを指名したのですが、私の顔を見ると嬉しそうにしてくれて照れくさかったです。お店でのお姉さんは凄くイキイキしていて輝いていました。マットに寝かされた私の上をお姉さんはクルクル回転しながら私を気持ちよくしてくれるのです。 あまりの気持ちの良さに60分だったコースを30分延長してもらい最終的に4回も射精してしまいました。翌日に近所のコンビニでお姉さんとバッタリ会うと耳元で「今度はいつ来るの」と囁いて来るのです。先日行ったばかりの私には経済的に苦しいのでその日は一人でしてしまいました。

和風ソープランドはご近所さん

実家の近くに和風ソープランドがあった。今から考えると、すごい所に住んでいたのだが小学校2~3年の頃、学校帰りにちょうどその店の前を通りかかったら上半身裸の姉ちゃんがチャンチャンコ姿で、常連客であろう中年の男に、何か話しながら最後に「また来てね」と垂れ幕越しでやっているのである。ちゃんとしたドアがなく大きな垂れ幕で入り口を隠しているだけだから、角度によっては中の状況が丸見えなのである。 あまりに衝撃的なシーンで親に言おうか迷ったが好奇心には勝てず、その晩、自分が目撃したことを話してしまった。本当にバカである。親の反応は「そんなこと聞くんじゃないの」ともちろん、ちゃんとした説明もなく逆ギレされてしまった。その時の記憶が鮮明過ぎて頭から離れなくなってしまった。禁断の蜜のような、もっとその秘密に迫りたいと子供心に本気でそう思った。 あれは、自分が高校生の時だったと思う。その頃にはソープが何であるかは知識として備わっていたので、気恥ずかしくてあそこの店の前は意識して通らないようにしていた。そんなある日、その店は突然閉店した。事情はよく分からないが、老舗だった店がなくなり常連客はさぞかしガッカリしたことだろう。自分も、小さい頃からの風景の一部だったあの店が潰れて、なんだか淋しい気もする。

福原のソープをお探しの方に、激人気のソープをご案内いたします。福原ソープから理想の女性を事細かく選べることができます!最近かわいい子がたくさん入ってきましたので、このチャンスにぜひご来店お待ちしております。濡れ濡れびちょびちょプレイであなたをご奉仕いたしますよ!

東京の吉原でソープランドに行くなら最高級の女性が在籍する【グランプリ】がオススメです!